品目:本格焼酎  カテゴリー:麦焼酎

明治33年、麦焼酎発祥の島・長崎県壱岐創業の“壱岐の華”による麦焼酎の逸品。古くから伝わる伝統の製法にこだわった、麦の旨みあふれる味わい深い骨太な本格麦焼酎です。

麦焼酎発祥の島 『壱岐』

壱岐は138平方キロの島で、田畑に恵まれた穀倉地帯であり長崎県でも屈指の米どころですが、すでに江戸時代中期には各戸で麦焼酎がつくられていたと言われています。江戸時代ここを領有していた平戸藩では開墾を奨励し、畑地も一定の比率で米のとれる田に換算され年貢は米で納めることを建前としていました。例えば米一斗にたいし麦なら一斗五升も納めなければならなかったので、農民は米を食べずに貢租にあて、麦を常食にしていたといいます。そして、余った麦で麦焼酎をつくっていたようです。

デザインの特徴

洋の東西を問わず古来から高貴な色とされ王や貴族が使用した"紫色"を、王国であったことに因み瓶色に採用しました。

壱岐焼酎 壱乃國

1,514 円(税込)14pt

数量

  • facebook
  • twitter

品目:本格焼酎  カテゴリー:麦焼酎

明治33年、麦焼酎発祥の島・長崎県壱岐創業の“壱岐の華”による麦焼酎の逸品。古くから伝わる伝統の製法にこだわった、麦の旨みあふれる味わい深い骨太な本格麦焼酎です。

麦焼酎発祥の島 『壱岐』

壱岐は138平方キロの島で、田畑に恵まれた穀倉地帯であり長崎県でも屈指の米どころですが、すでに江戸時代中期には各戸で麦焼酎がつくられていたと言われています。江戸時代ここを領有していた平戸藩では開墾を奨励し、畑地も一定の比率で米のとれる田に換算され年貢は米で納めることを建前としていました。例えば米一斗にたいし麦なら一斗五升も納めなければならなかったので、農民は米を食べずに貢租にあて、麦を常食にしていたといいます。そして、余った麦で麦焼酎をつくっていたようです。

デザインの特徴

洋の東西を問わず古来から高貴な色とされ王や貴族が使用した"紫色"を、王国であったことに因み瓶色に採用しました。

  氏名 : 評点 :
内容 :

レビューを書く

入力された顧客評価がありません
ページトップ