goods

琥珀色の至福を
高めるグラス。

大沢 在昌 「謎」グラス

商品コード:7000162

円(税込)120pt

ギフト対応
数量

累計610万部を突破した「新宿鮫」シリーズをはじめ、数々のミステリー小説で支持を集める作家・大沢 在昌氏「いちにちの終わりに必ずウイスキーを飲む」という大沢氏が追求したのは、ウイスキー本来の魅力を高める仕掛けでした。グラスの底に潜めたのは、琥珀の色と奥深い香りをそっと照らす小さな灯り。グラスを傾けるたびに、心身が「ほどけた」状態に導かれるのを感じられることでしょう。

  • 【PROFILE】
    大沢 在昌(おおさわ ありまさ)
    1956年名古屋市生まれ。1979年『感傷の街角』で小説推理新人賞を受賞しデビュー。 1991年『新宿鮫』で第12回吉川英治文学新人賞と第44回日本推理作家協会賞[長編部門]を受賞。 1994年『無間人形 新宿鮫 検戮蚤110回直木賞、2004年『パンドラ・アイランド』で第17回柴田錬三郎賞、 2010年に第14回日本ミステリー文学大賞、2014年に『海と月の迷路』で第48回吉川英治文学賞を受賞するなど、 現代を代表する作家として活躍を続けている。         

商品スペック

商品名 大沢 在昌「謎」グラス
価格 12,000円(税込12,960円)/個
素材 ソーダガラス
生産国 日本
サイズ 口径82×高さ95mm
容量 290ml
ギフト対応 あり(包装紙)
備考 備考/専用箱入り

この商品はすべてハンドメイドのため、底面の色の入り方や大きさはひとつひとつ異なります。

ガラス商品について ガラス製造の特性上、外観の仕上がりやサイズ、形状などに若干の個体差が生じたり、やむを得ず小さな気泡などの混入がございます。使用上問題はありません。ガラスの特性により、若干白く曇っている場合がございますが、人体に影響を及ぼすものではございません。洗浄することにより曇りは軽減されます。
  氏名 : 評点 :
内容 :

レビューを書く

 
 
氏名内容評点日付
 
振本昌治美味しいお酒をありがとうございます。 いつも楽しんで飲ん...2017/02/01
ページトップ