小さな蒸留所から生まれる唯一無二のプレミアムバーボン。

たらりと垂れた赤い封蝋がシンボリックな
プレミアムバーボン「メーカーズマーク」。
ケンタッキー州のロレットにある小さな蒸溜所で、
ひとつひとつ丁寧に手づくりされています。
その「スイート&スムーズ」な味わいは
世界中で評判となり品薄の状態が続くものの、
“最高の原料を使い、人の手で少量生産する”
というポリシーが揺らぐことはありません。
細部にまで尽くされた想いを紐解きながら、
至福の一杯を味わいましょう。

手に取るたびに伝わるハンドメイドの信念と誇り。

バーボンの故郷・ケンタッキー州に現存する中で最も小さく、最も由緒のある蒸溜所として、アメリカ合衆国の国定史跡に指定されているメーカーズマーク蒸溜所。その歴史の幕は、スコッチ・アイリッシュ系(現北アイルランド)移民のひとり、ロバート・サミュエルズがケンタッキーにたどり着き、1780年に自家用ウイスキーづくりをはじめたことで開かれました。南北戦争や禁酒法時代など、苦難の中でも想いは脈々と受け継がれたのです。
そして1951年、世界で評価される最高品質のバーボンを探究していた6代目ビル・サミュエルズ・シニアがつくり始めたのが、現在に続く「メーカーズマーク」です。一般的なバーボンが持つのは、スパイシーかつビターで素朴な味わい。一方「メーカーズマーク」が目指したのは、スイートでスムーズな味わいでした。ライ麦の代わりに冬小麦を使うことで、コーンや小麦の甘味がいきた、まろやかでふっくらとした味わいを生み出すことに成功したのです。

「メーカーズマーク」のラベルには、サミュエルズ家が受け継いできた精神や想いの全てが記されています。たとえば、頭文字「S」を組み合わせたマークを囲う円には途切れた部分があります。これは、南北戦争や禁酒法により、一時的に操業が停止したことを物語っています。

主な原料

現マスター・ディスティラーの
グレッグ.T.デイビス氏。

冬小麦

焼き立てパンのようにふっくらとした香味の秘訣は冬小麦。

ビーム家秘伝の酵母

貯蔵年数に捉われず、
熟成の見極めも人の手。

貯蔵樽

シンボルともいえる赤い封蝋は、ハンドメイドの証。

世界を魅了する スイート&スムーズな味わい。

「最高の原料を使い、できる限り人の手で少量生産する」。
6代目ビルが掲げたポリシーは、今も頑なに守られています。仕込み水に使用するのは、敷地内の湖に湧く清冽な天然水。昔ながらの製法にこだわり、時間と手間を惜しむことなく原酒を仕込みます。さらには、蒸溜所内で自家製の貯蔵樽をつくり、樽内のトースト加減や貯蔵環境を徹底して管理。ディティールへのこだわりは尽きることがありません。
世界中で愛される「メーカーズマーク」のスイート&スムーズな香味は、まずはオン・ザ・ロックでお愉しみください。封蝋をイメージしたコースター付きのグラスは、至福のひとときをより印象深く彩ってくれることでしょう。大ぶりなので、途中から水やソーダを加えて味わうのにもぴったりです。

飲み方を選ばない しなやかさも魅力

サミュエルズ家の想いを宿す「メーカーズマーク」のラベルを配したタンブラーで、ハイボールをたっぷり味わうのもいいですね。飲み口が広いので、スライスオレンジを添えるのもおすすめです。オレンジの甘みや酸味との相性は抜群で、ケンタッキーでは「メーカーズマーク」のオレンジジュース割りが広く愛されているそうです。
冬小麦由来のふっくらとした甘みとまろやかさが生きているため、炭酸やジュース類を合わせても「メーカーズマーク」らしさがしっかりと感じられます。バーボンカクテルの代表格、「ミントジュレップ」もぜひお試しいただきたい飲み方です。
230年の伝統を受け継ぎ磨かれてきたハンドメイドのプレミアムバーボン。世にふたつとない封蝋を解くとき、つくり手の誇りと品質への自信を感じ取っていただけることでしょう。手間を惜しまずひとつひとつ丁寧につくられた香味。いつもよりも少し、時間をかけて味わってみてください。

メーカーズマークブランドサイトはこちら

Maker's Mark

メーカーズマーク
グラスコースターセット
1,000円(税込1,080円)

商品詳細へ

メーカーズマーク
ラベルタンブラー
850円(税込918円)

商品詳細へ