Goods 角SUNTORY WHISKY KAKU-HIGHBALL

テレビCMや居酒屋でおなじみのあのジョッキで、定番の角ハイボールを。角ハイボールジョッキ(2個)

親友や同僚と心ゆくまで語り明かす。
そんな時の定番は、もちろん「角瓶」。
キラキラと黄金色に輝く亀甲柄のボトルを囲んで、
お揃いの角ハイボールジョッキで乾杯!
角ハイボールのために作られたジョッキが、
ほのかな甘さが香るスッキリとした味わいを一層引き立たせ、会話をさらに弾ませてくれることでしょう。

角ハイボールジョッキ(2個)

左が1937年に発売された初代「角瓶」ボトル。若干のリニューアルをしているものの、現行品(右)に至るまで、ほとんどデザインは変わっていない。 角ハイボールジョッキ(2個)

唯一無二の存在感、亀甲文様に秘めた想いとプライド。

亀甲文様のルーツ、それは…。
サントリーの創業者である鳥井信治郎が10数年にもおよぶ長い歳月をかけてつくりあげた「角瓶」。"断じて舶来を要せず"を貫き、"ジャパン・オリジナルであること"にこだわり続け、国産ウイスキーの歴史を本格的に拓いた立役者です。「角瓶」と聞くと、どこか懐かしさを感じる黄色いラベルとともに、亀甲文様の四角いボトルが頭に浮かんできませんか?それこそが、70年以上も変わらず日本人に愛されてきた"ジャパン・オリジナル"の証なのです。亀甲文様とは、その名のとおり"亀の甲羅"を模して描かれた六角形の文様。長寿な生き物として知られる亀をモチーフにしていることから、日本では古くから吉祥(良いしるし)文様の代表格として親しまれ、着物や器などさまざまな生活用品に描かれてきました。「角瓶」のボトルデザインを手掛けた日本画家の井上木它(もくだ)氏にインスピレーションを与えたのも、美しい亀甲文様のカットが施された薩摩切子の香水瓶だったといいます。日本のウイスキーには日本らしい瓶を…。こうして、現在に至るまで唯一無二の存在感を放ち続ける、「角瓶」の亀甲ボトルが誕生したのです。
「角瓶」に込めたこの想いは、テレビCMや居酒屋でおなじみのあの「角ハイボールジョッキ」にもしっかりと受け継がれているのです。

それはまさに計算されつくした形状。

そのすべては、最高の一杯のために…。
ものづくりに対する日本人の想いとプライドが詰まった「角瓶」を、最もおいしくいただくために開発されたジョッキ。それが「角ハイボールジョッキ」なのです。
たとえば、持ち手。乾杯の時にも持ちやすいようにと、持ち手の部分には親指がフィットするくぼみが施されています。ジョッキを持った瞬間、手にしっくりとなじむしなやかな形状を感じていただけることでしょう。
たとえば、黄色いラベル。「角瓶」と同じラベルをあしらっているだけでなく、実はこのラベルには最高の一杯を作るための秘密が隠されているのです。それは、ラベルの位置。氷を山盛りに入れ、ラベルの下のラインまで「角瓶」を注ぐ。その位置こそが、最もおいしいとされる「角瓶」1、ソーダ4の、黄金比の角ハイボールを作る目印。
このジョッキは、まさに持ち手からラベルの位置まで、計算されつくされた角ハイボールのためのジョッキなのです。このジョッキがあれば、お店のようなおいしいハイボールが誰でも簡単に自宅で楽しめます。
さぁ、日本のウイスキーの歴史を刻んできた亀甲ボトルを囲んで、今宵もかけがえのないひとときをお過ごしください。

角ハイボールジョッキ(2個) 角ハイボールジョッキ(2個)

▼角ブランドサイトはこちら

SUNTORY WHISKY KAKU-HIGHBALL

角ハイボールジョッキ

角ハイボールジョッキ
800円(税込864円)

商品詳細へ

角ハイボールジョッキ 2個

角ハイボールジョッキ(2個)
1,500円(税込1,620円)

商品詳細へ