知って愉しむ焼酎の世界1 - 基礎知識篇 -

「麦焼酎」「芋焼酎」「甲類・乙類」「チューハイ」・・・。普段飲んだり目にすることも多い焼酎ですが、「焼酎って何?」と聞かれると、意外とわからないものです。今回は世界に誇る日本の蒸溜酒「焼酎」を知って、さらに愉しんでいただきたいと思います。

イエノバ厳選!
「本格焼酎飲み比べセット(香酒盃つき)」

イモ・麦・米・そば・泡盛 イエノバが選んだ本格焼酎に、
焼酎の香りを愉しむためのグラス「香酒盃」のお得なセットで、焼酎の世界を堪能しよう!

  • 本格焼酎飲み比べセットを買う

焼酎とは

焼酎は、原料を発酵させてできたアルコール含有物(醸造酒)を蒸溜してつくるお酒(蒸溜酒)です。
蒸溜酒にはウイスキー、ブランデー、ウオツカ、ラム、ジンなど多種多様な種類があり、世界各地で製造されています。

焼酎の分類

焼酎は酒税法により、以下の様に分類されています。

単式蒸溜焼酎 焼酎乙類 本格焼酎 穀類(米、麦、そばなど)、イモ類、砂糖(黒糖など)、これらの麹および水を原料として発酵させたアルコール含有物を単式蒸溜機により蒸溜した酒類で、アルコール分45度以下のもの。
泡盛 米、黒麹、および水を原料として発酵させたアルコール含有物を単式蒸溜機により蒸溜した酒類で、アルコール分45度以下のもの。
上記以外の法令で定められた物品(緑茶、しそ、ゴマなど)を発酵させたアルコール含有物を単式蒸溜機により蒸溜した酒類で、アルコール分45度以下のもの。ホワイトリカー2。
連続式蒸溜焼酎 焼酎甲類 アルコール含有物を連続式蒸溜機で蒸溜したものでアルコール分36度未満のもの。ホワイトリカー1。

一般的に単式蒸溜焼酎には、原料の成分による独特の香りと風味があり、お湯割りや水割り、ロックなどで愉しまれています。連続式蒸溜焼酎はクセが少なくチューハイやサワー、梅酒などに適しています。
また甲類と乙類の焼酎をブレンドして、風味とすっきり感の両立を目指した「混和焼酎」もあり、ブレンドされる比率により「甲類乙類混和焼酎」と「乙類甲類混和焼酎」があります。

産地呼称焼酎

1995年本格焼酎のうち「壱岐焼酎」「球磨焼酎」「琉球泡盛」「薩摩焼酎」の4つが「地理的表示の産地指定」を受けました。
それぞれの焼酎を名乗るためには厳しい基準が存在します。

産地呼称制度とは

世界貿易機構(WTO)が定める「地理的表示制度」に基づく制度。
ウイスキーの「スコッチ」や「バーボン」、ブランデーの「コニャック」、ワインの「ボルドー」や「シャンパーニュ」などのように、定められた地域で定められた製法により作られたものだけが、その産地を冠した呼称を使うことが出来、国際的にブランドが保護されています。

壱岐(いき)焼酎

【壱岐焼酎の定義】
米こうじ及び長崎県壱岐市の地下水を原料として発酵させた一次もろみに麦及び壱岐の地下水を加えて、更に発酵させた二次もろみを長崎県壱岐市において単式蒸溜機で蒸溜し、かつ、容器詰めした麦焼酎。

壱岐焼酎の歴史は16世紀まで遡り、麦焼酎発祥の地といわれています。麦焼酎は麦こうじを使って作られることが多いのですが、壱岐焼酎は米こうじを使うことで、甘い風味とコクのある酒質が特長です。麦の香ばしい香りがする芳醇なものや、減圧蒸溜により、麦特有の香りがありながらすっきりとキレのある風味を持つものなど多様なタイプがあります。

【壱岐焼酎 壱乃國】

麦焼酎発祥の島「壱岐」で育まれた美酒。明治33年(1900年)創業の蔵元「壱岐の華」により、古くから島に伝わる伝統的な製法と独自の研究の結晶ともいえる壱岐焼酎です。常圧蒸溜にこだわり抜いた、麦の旨みあふれる骨太な味わいが特徴です。

  • 壱岐焼酎 壱乃國を買う
  • 本格焼酎飲み比べセットを買う

球磨(くま)焼酎

【球磨焼酎の定義】
米麹及び球磨川水系の地下水を原料として発酵させた一次もろみに、米及びその地下水を加えた二次もろみを単式蒸溜機で蒸溜した、熊本県人吉(ひとよし)市とその周辺の球磨地方で造られる米焼酎。

球磨焼酎は500年の歴史と伝統を誇り、現在も限られた盆地に28もの米焼酎蔵が存在します。江戸時代より人吉・球磨地方には「球磨の隠し田」といわれる多くの田圃があり、ここで作られた豊かな米を活かして、藩をあげて酒造りを奨励したことがその起源です。米由来の上品な芳香と旨み、甘みが球磨焼酎の特徴です。

【球磨焼酎 花】

球磨の名門福田酒造製造。原料は国産米100%、酵母は焼酎用熊本酵母を使用。華やかな香りの中にも米らしさが感じられ、やわらかな米の味わいの口あたりとすっきりとした後口が特徴。

  • 球磨焼酎 花を買う
  • 本格焼酎飲み比べセットを買う

琉球泡盛

【琉球泡盛の定義】
タイ米と黒麹菌及び水を原料として発酵させた一次もろみを沖縄県において単式蒸溜機で蒸溜し、かつ容器詰めしたもの。

日本最古の蒸溜酒で、焼酎のルーツとも言われています。15世紀に中国・東南アジアとの貿易で栄えた琉球王朝時代にタイから製造技術を学んだといわれ、タイ米と黒麹を使う製法は今も受け継がれています。原料米由来のコクと独特の香りが特徴です。3年以上熟成したものは「古酒(クース)」と呼ばれ、上品な香りとまろやかな味で人気です。

【琉球泡盛 美ら島】

現存する沖縄最古の蔵元・新里酒造の伝統と技術により生まれた逸品。低温発酵・低温蒸溜原酒をベースに泡盛ならではの風味を持ちつつ、華やかで軽快な香りスッキリとキレのある味わいに仕上げました。沖縄料理はじめ幅広い料理にあいます。

  • 琉球泡盛 美ら島を買う

【琉球泡盛 天龍蔵(古酒)】

首里に現存する最古の蔵元である瑞穂酒造製造の泡盛(古酒)の逸品。地下貯蔵庫「天龍蔵」で育まれた古酒(クース)特有のバニラのような香りと芳醇な味わいが特徴です。

  • 琉球泡盛 天龍蔵(古酒)を買う
  • 本格焼酎飲み比べセットを買う

薩摩焼酎

【薩摩焼酎の定義】
鹿児島県産のサツマイモと水、米麹または芋麹を原料として発酵させた一次もろみに、サツマイモを加えてさらに発酵させた二次もろみを、名瀬市と大島郡を除く鹿児島県内において、単式蒸溜機で蒸溜し、容器詰めされたもの。

薩摩焼酎の製造は17世紀中頃始まったと言われ、芋の特徴である甘い香り、香ばしさがそのまま製品の個性としてでているのが特徴です。以前は独特のにおいが敬遠される向きもありましたが、原料、仕込み、蒸溜方法の技術革新により、飲みやすい味わいへと変わってきました。

【本格芋焼酎 黒丸】

創業明治元年、薩摩いちき串木野の名門「濱田酒造」が鹿児島県産黄金千貫を使用し、国産米100%の黒麹で丁寧に仕込みました。ふかし芋のようなまろやかなコクとフルーティで甘い香りが特徴です。

  • 本格芋焼酎 黒丸 720mlを買う
  • 本格芋焼酎 黒丸 一升瓶(1,800ml)を買う
  • 本格焼酎飲み比べセットを買う

そば焼酎

そば焼酎は産地呼称焼酎ではありませんが、イモ焼酎、麦焼酎、米焼酎についで生産量が多く、人気のある焼酎です。宮崎県で初めて作られましたが長野県など各地のそばの産地でも生産が盛んです。
すっきりした味わいの中に、そば独特のコクとほんのりとした風味が感じられ幅広い料理に合います。

【そば焼酎 神楽の舞】

宮崎・高千穂の名門蔵元「神楽酒造」の逸品。そばの風味と、ほのかな甘みのある味わいをお愉しみください。

  • そば焼酎 神楽の舞を買う
  • 本格焼酎飲み比べセットを買う

焼酎の「香り」をテーマに作られた「香酒盃」

磁器発祥の地・有田で、職人が受け継ぐ400年の伝統技術と美意識を、現代のライフスタイルに合わせたデザインで提案するKIHARA。
そのKIHARAが焼酎の「香り」を テーマに有田焼窯元グループが地元焼酎メーカーの協力を得て焼酎をより一層愉しむためのグラスを開発しました。
これまでの焼酎の器とは異なり焼酎の「香り」や「味わい」をより一層感じさせてくれます。
このグラスで飲むことで、焼酎の様々な個性を感じられるでしょう。

  • 香酒盃を買う

独自の角度で際立つ香り

香酒盃は焼酎の「香り」を引き立たせてくれます。従来型の焼酎カップとは異なり、盃の内側に独自の丸みを持たせることで、「香り」は盃に沿って立ち上がり、そのまま逃げずに対流します。

香酒盃 こだわりの形状

①盃の口を絞り、口あたりを良くし、焼酎の余韻を長く愉しめます。
②氷と約100mlの焼酎を注ぐと、香り高く味わい深い焼酎を愉しめます。
③内側はロック用氷が収まる空間です。
④胴にクビレをいれ、持ちやすくしています。
⑤三つ足高台の為、水滴でコースターを持ち上げることはありません。

  • 香酒盃を買う
  • 本格焼酎飲み比べセットを買う

イエノバ厳選!
「本格焼酎飲み比べセット(香酒盃つき)」

イモ・麦・米・そば・泡盛 イエノバが選んだ本格焼酎に、
焼酎の香りを愉しむためのグラス「香酒盃」のお得なセットで、焼酎の世界を堪能しよう!

  • 本格焼酎飲み比べセットを買う