神泡体感キットで「〈香る〉エール」を堪能

神泡体感キットで「〈香る〉エール」を堪能

どうも、お酒と落語をこよなく愛する男、KABUKIです。
いよいよ暑くなってきました。こうなると飲みたくなるのがビール!ですよね。

最近のKABUKIのお気に入りは「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」。その名のとおりフルーティな香りと軽やかな味わいが良いですね。スカイブルーの缶も綺麗だし、CMの石原さとみちゃんも可愛いし・・・。
最近の家飲みビールの定番でございます。
そんな「〈香る〉エール」に【数量限定】ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール350ml×24缶 神泡体感キットが登場したと聞いて、早速試してみました。
『神泡』!すごいネーミングですね・・・、果たしてそのお味はいかに。

 

では、今回もちょっとお勉強から
■まずはビールの作りかたを簡単に
①製麦:大麦を発芽させてモルト(麦芽)にして細かく砕く
②仕込み:温めた天然水にモルトを加え、麦芽中の酵素の働きによりでんぷんを糖に分解(糖化)。
そこにホップを加えて煮沸し、ホップ特有の香りと苦味を持った麦汁を作る。
(※ザ・プレミアム・モルツはこの段階で「ダブルデコクション製法」「アロマリッチホッピング製法」という2つのこだわりで“深いコク”“溢れ出す華やかな香り”を実現しています。)
③発酵:麦汁に酵母を加えて発酵。酵母が糖をアルコールと炭酸ガスに分解。
④熟成:熟成タンクで熟成。
⑤ろ過~充填:酵母をろ過して(製品によっては無濾過のものもあります)、缶・瓶・樽などにパッケージング。
こうしてお手元にビールが届きます。

■「ザ・プレミアム・モルツ」と「ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール」の違い
2つの「ザ・プレミアム・モルツ」、その違いをご存知でしょうか。
もちろん味も香りも違うのですが、それには理由があります。
それはビールの製法の「③発酵」で使われる酵母が違うんです。
「ザ・プレミアム・モルツ」はラガービールに分類され、下面発酵酵母を使用、
「ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール」はエールビールに分類され、上面発酵酵母を使用しています。
ラガービールとエールビールの違いを表にまとめてみました。
なんと紀元前6,000年!悠久の昔から飲まれていたとは、エールビール恐るべし、ですね。

 

■神泡サーバー
6缶パックには手動SS式(SSはScrew Stirring(スクリュー撹拌)の略)、24缶には電動超音波式の「神泡サーバー」が付いています。本日は奮発して電動超音波式のサーバーを入手。
これが神泡サーバー。かなりコンパクトなボディですが、結構しっかりした作りです。普通に売っていてもおかしくないレベルですね。良い泡が作れそうな期待感も高まります。

 

ヘッドの部分を外して、単4電池2本をセット。電池は流石に付属していないので別途用意が必要です。
写真下の金属の丸い部分が超音波を発生して、クリーミーな泡を作ってくれるようですね。
ヘッドの部分は水濡れ厳禁ですので、間違えて洗わないようにご注意ください。

 

 

アタッチメントの裏側。シリコンのパッキンは取り外して洗うことが出来ます。

 

 

 

 

ヘッドにアタッチメントを取り付けて、缶の飲み口とサーバーの注ぎ口を合わせてパチッと缶に取り付けます。
これで準備は完了です。

 

 

 

■泡持ち1.2倍グラス
早く飲みたいところですが、今回はグラスも付いています。
その名も「泡持ち1.2倍グラス」。
神泡体感キットには、「ザ・プレミアム・モルツ」と「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」それぞれの特性に合わせた形状のグラスが付属しています。「〈香る〉エール」のものは、ゴブレットタイプで、下部の丸みと上部の拡がりが、いかにも良い香りを届けてくれそうですね。イメージカラーのスカイブルーのロゴも爽やかな感じです。
この「泡持ち1.2倍グラス」は100年以上の歴史を持つガラス製品メーカー東洋佐々木ガラスが特別に開発した「ザ・プレミアム・モルツ」の香りやコクを最大限引き出し、泡持ちの向上にこだわったグラスです。グラスの内面に微細な凹凸をつけて泡持ちを向上させる「プレミアムコーティング」の技術が更に進化した「スーパープレミアムコーティング」によって、未加工のグラス製造元従来品と比較して1.2倍の泡持ちを実現したそうです。
「神泡」をうまく作るためにはグラスをよく洗い、出来れば自然乾燥して、グラスを冷やしておくことをオススメします。もちろん「〈香る〉エール」もよ~く冷やしておいて下さいね。美味しいビールを飲むためには、ちょっとした手間を惜しんじゃいけません。


■注いでみる
というわけで、やっとグラスに注ぎます。

①最初は泡スイッチは押さずに、グラスを傾けて静かにグラスの内側に沿わせて7分目位まで注ぎます。

②グラスを立てて、その上に泡スイッチを押しながら泡をのせていきます。ビール:泡の黄金比の7:3を目指します。

③完成なるほど美しい泡、気分はまるでBEER PUBです。

④濃密でクリーミーな泡が、家庭でいともカンタンに出来てしまうなんて、いや~「神泡サーバー」素晴らしいです。

 

■飲んでみる
それでは、いただきます!
いや~、美味しいです。さすが神泡!クリーミーな泡まで美味しく感じます。
泡持ちも確かに良いです。濃密な泡が蓋になって美味しさを保つので、飲み終わりまでおいしさが持続します。
う~ん、今日も至福のひと時でした。

【今日の小ネタ】
ラガービールとエールビールの他にも、ベルギーのランビックのように、自然に生息する天然の酵母を使った自然発酵のビールもあります。

では、また次回。

今回登場したのは
【数量限定】ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール350ml×24缶 神泡体感キット
(数量限定ですのでお早めに!)

この記事を書いたひと

KABUKI

KABUKI

年齢不詳の歌舞伎顔の男。実は歌舞伎より落語好き。ここ数年シングルモルトに目覚め、特に好きな蒸溜所はバルヴェニー。とはいえ、ウイスキーに限らずお酒全般大好きで、日々いそしんでます。「お酒飲む人 花ならつぼみ 今日もさけさけ 明日もさけ」なんてね。